NEXTコーポレーション

パッシブハウス

パッシブハウスとは?

What’s Passive House??

 パッシブハウスとは、ドイツ生まれの世界基準省エネ住宅の考え方。
太陽光や風、水といった再生可能なエネルギーを積極的に有効利用しながら建物の性能を上げ、極力エネルギーを使わないで快適に暮らせるようにすることを意味します。

 冷暖房設備のエネルギーを使い、室内環境を向上させること【アクティブ「行動的」】に対し、建物の性能を上げることにより、冷暖房設備を使用しなくても快適な室内環境を保つことができたり、冷暖房効率が高まることで室内を暖めたり冷やしたりする際のエネルギー消費量を抑えるという意味から。【パッシブ「受け身」】と名付けられてています。

 

パッシブハウスのキーワード

 パッシブハウスのポイントとしては、まず高い断熱性能の住まいとしていくことが挙げられます。家の外壁や窓を通して熱が出入りしにくいことで、部屋と部屋の温度差が小さくなり住まい全体が同じような快適な室温となります。

 次に、高い気密性能です。例えば冷蔵庫に付いているゴムパッキンがなかったら、中はいったいどうなるでしょう?冷気が簡単に外に逃げてしまいますね。それは住宅においても同じことで、高気密な家にすることで、熱の流出や侵入を防ぎます。

 そして日射遮蔽です。夏の強い日差しが窓などを通して室内に入ってくると室温が急激に上がります。そのため、そうした日差しを高性能な窓や軒や庇、外付けのシェードなどを使って遮っていきます。逆に冬の日射は昼にかけて開口部から取り込んだ熱を蓄熱し、夜にかけて放出されていきます。そのため、冬の日射が十分に室内に差し込んでくるような敷地選びや間取り、開口部を考えなければなりません。

 最後にです。例えば南側を大きな窓にして冬の日射を取り入れて、東西の窓を小さくし、風通しのいい間取りで夏を涼しくします。風が家の中を効率よく通り抜けることで、夏に冷房を使用せずとも窓を開けるだけで充分快適な室温環境を生み出すことができます。

 

太陽光や風などの力を効率よく最大限に使い
人間の持つ技術力を最大限に駆使したうえで
自然のエネルギーを日々の生活に落とし込み、
エネルギー消費量を減らすことで地球環境にも配慮し、
昨今のエネルギー事情にも対応していく。

これがパッシブハウスの考え方です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

TECHNOLOGY & WARRANTY

施工実績