NEXTコーポレーション

家づくりのコンセプト

手の届く価格 資金計画

理想の住まいを実現するためには、「こんな家を建てたい」「こんな家に住みたい」など家づくりのイメージを考え始めた時、早い段階で資金計画をたてる事が大事です。資金計画は家づくりの要ともいえ、資金計画がうまくいかなければ、せっかくご家族で育んできた「理想の住まい」も実現することができません。家を建てた後も楽しく暮らせる「無理のない資金計画」をお勧めします。

 

資金計画は順序を決めて

資金計画は順序だてて計画していくと分かりやすいと思います。

まずは、物件の総予算を決めることです。総予算とは自己資金と住宅ローン借入可能額の合計金額です。注意すべきは予算を決めるにあたってその予算が無理のない予算かどうかを確認する事です。

次に毎月の返済額を検討します。このときにボーナス併用をするかどうかも決めます。できればボーナスは予備資金として、今後の繰り上げ返済資金ができるようにしておく事をお勧めします。

次に家づくりにかかる費用ですが、最初に土地購入費用、建物を建てる費用、それ以外にも別途工事費、設計費、税金や諸経費、住宅ローン保証や、入居時の引っ越し費用、建て替えの場合には建築期間中の仮住まい費用など様々な費用がかかります。こうした費用をしっかり見込んでおきましょう。

次に、今後のライフプランを考える事です。ライフプランとは人生設計のことで自分自身や家族の夢や目標を明確にし、実現するために計画をたて行動することを言います。

例えば、これから子供が生まれる予定があったり、子供がいて教育費がかかる時期があったり、子育てで奥様が仕事をやめる可能性があったり、想定できる場合にはそれを加味した資金計画をたてることが大切です。他にも生活費、車、税金、保険、娯楽費など、考えなければならない資金がたくさんあります。

 

家づくりは一生で一番大きな買い物と言われます。そもそも家を造るのはいったい何のためなのでしょう。それは家を建てる夢を描くのではなく、その家に住んで家族と楽しい生活を送ることではないでしょうか。お客様にとってより良い暮らしを実現していただくために「無理のない資金計画」をご提案できればと考えます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

TECHNOLOGY & WARRANTY

施工実績